ユーザー投稿 User Created

ITソフトウェア・世界基準のウェブシステム・業務システム・プラットフォーム開発なら未来創造
NOVEL DAYSユーザー投稿作品

夜の図書館 B1

  • 一般小説

    演劇の台本,表に出せない奴,アーカイブ,ナニコレ,悪趣味,駄作ばっか,B級グルメ,紙芝居,機関車トーマス

    作品タイトル:夜の図書館 B1

    エピソード名:第2話  ヤクルトおじさん(仮題)

    作者名:gatehiro

    ファンタジー | 連載中 | 48話 | 467,169文字

    今は未だ残務処理やっちゅうねん。
    じき真火に取り掛かる。

    ブルーズメンからのスピンオフ作品として、
    「ファイティンうさぎ」をやります。
    二匹のうさぎが戦っているのを、各面々が、
    応援してる〜〜ってやつ。
    非常にバカバカしいです。
    きっと、このベレー帽のお嬢さんは、
    たいへん喜んでくれることに、なるでしょう。

    ホンニ・コンカタ・アッポ・デス・ヤ〜〜ン!
    マイ・ヘッド・カユ〜ナッテ・キタリマシタル・デンタル・ナウ。


    業務連絡:
    あのさ〜どっかでこの作者による「忘却の河」って本を、お勧めしたんだけどさ〜…
    本間違ってたんさ。こっちが自分としてお勧めしたかったものになる。

    「夜の三部作」

    ごめんなさい。
    どこで紹介したのか、もう分からないんだ〜。
    見っけられなかった。
    これの第一部が、死後の世界においての、
    そのあり得るであろう、お話しになります。
    買いなおした…。
    敬具 天村


    お察しのことではあろうが、あれはあれでもうお仕舞い。でも、【III】はほんとにあるんだ!やるんだ!。でもそれは「くるいそ〜」ではないけどね…。怒涛の全十六話を、一挙に掲載することになる。それがまたヒドいできなんだ…。「チョンちゃん」ってやつにおいては「〇〇人ってこと?」のその一言でっ!、話しは終わってしまうんだ…。興味がまったくわかないから。演者は二人体制を予定。出囃子はとある女子がやってくれんだ。確実に危険な話しに、いやそんなことやの〜てっ!、決定的に、決別となるらん、と〜と〜それへと至りつかん、至ってまうことなる〜、その覚悟を、その自覚をもって、その腹積もりにて、乞う、有らずの、ご期待!。

    わりと近いかも…いや、一拍、二拍、三拍おいて、それからにする…。敬具


    この階はフック船長の話しをサルベージし、その完成したものを掲載する為の器。
    とりあえずB級作品、つまりは失敗作?の寄せ集めかな…。
    未完成品、ラフスケッチ、断片。